問題と向き合って未来へと突き進む

負の連鎖を断ち切るためには自分と向き合う人生再構築中

わが家の最初の大事件 2

午前中に自治会対抗の野球試合があり、終わってから打ち上げと称して

大人たちは集会所の奥でおじさんばかりの宴会をはじめていた。

 

たかし君(仮名)がいた。

「お母さん、家に帰ろう」というたかし君に、たかし君のお母さんは先に帰るように言い、たかし君は集会所を後にした。

気が付いたら、酔っ払いのおじさんたちとたかし君のお母さんだけ。

大人だけになっていた。たかし君のお母さんは酔っ払いのおじさんたちの話の輪に入っていた。

父はいつものように、女性を見ると褒められずにいられない、父にとっては挨拶。

「こんな美しい奥さんがいたら旦那さんは幸せでしょうね」

常套句を言っていた。

 

普通なら社交辞令と受け取って、「まぁお上手ですね」など、さらっと交わす社交辞令なのだが、たかし君のお母さんはまんざらでもない様子。

急に「お母さん」の顔から「女」の一面を出して、表情といいしぐさといい、

今まで私がただのそこらへんのおばちゃん、たかし君のお母さんだと思っていた人が

「女」の部分が顔を出し、色艶が出るというのか、表現が難しいのだが、

雰囲気からは母性というものがなくなり、妙に体をクネクネさせたりして、急に女の顔になった。私が5歳にして人生はじめて「女」を見た瞬間だった。

たかし君のお母さんの異変を察知した大人たちは、たかし君のお母さんを酒の肴としてからかいはじめた。

父も「タイプですよ」「おきれいで、とても小学生の子どもがいるように見えない。自分の奥さんなら最高」とか調子のいいことを言っちゃって、子どもながらに聞いてて恥ずかしかった。穴があったら入りたい(赤面)

いつものジャパニーズジローラモがお目見えする。

 

子どもながらに、このまま父を置いて帰ったら危ないと思い、父の宴会が終わるのをずっとずっと待っていた。

 

…つづく

 

振り返りひとこと

まさか…

妻子がいるのにまさか…

子どもが小さいのにまさか…

同級生の子どもがいてるお母さんなのにまさか…

お互い家族がいているのにまさか…

ただの仕事仲間がまさか…

お客さん相手にまさか…

近所のおばさんだから大丈夫

近所のおじさんだから大丈夫ではないんですよね。

同じ自治会内だから大丈夫ではなくむしろ、

不倫がはじまる場所として職場、自治会はトップ入りするのではないでしょうか。

半径5mの人間が恋仲になる時

大抵まさか…といってはじまる

まさかではじまるのです。

 

理性のある者同士なら自制ができても

その日が楽しければいいじゃない?

人生楽しんだ者勝ち

家庭ってつまらないでしょ?

たまには火遊びしたいじゃない?

平凡な日常に退屈を感じてて刺激が欲しいんだからしょうがないじゃない。

誘惑の道への意識やハードルが低い者同士が出逢えば、恋仲に堕ちるのは一瞬です。

 

わが家の最初の大事件 1

わが家の最初の大事件について触れる前に簡単に父と母の性格について紹介をしておこうと思う。

父は外面がよく、人付き合いが得意。

自分に正直に、自由に生きてる。

陽気で楽しい人、ラクな方に流される傾向あり。

都合が悪くなると逃げ足がはやいので、嫌なことや面倒なことを避ける予知能力あり。

すべては容量の良さで綱渡りし、容量がよく、嫌なことからはうまく逃げてきた。

女の人を見ると、相手が例え子どもであろうが大人であろうが必ず褒めるというイタリア人気質あり。(ジャパニーズ ジローラモ

正直に生きるタイプなので自分の感情にも素直。

感情的になりやすく、よく車を運転中に対向車と喧嘩をしていた。

 

反する母の性格。

母も外面はいいが、人付き合いが苦手。

感情的。ヒステリック。

物事を0か100でしか考えられない傾向があり、視野が極端にせまい。

冒険をせずに真面目に生きてきて、父がはじめての恋人で、24歳で結婚したこともあり、世間知らずなところがある。

些細なことにも過敏に反応し、心配し、不安に襲われる。

依存傾向があり、人の意見に頼るところがある。自分で考えて答えを導くことが苦手なため、人に意見を求め、それを正とする。別の人に意見を聞いては、また方針を変えるためコロコロ考え方が変わり、まわりは振り回される。ブレている。

自分の思い通りにならないと気がすまない。価値観を押し付ける。自分の思い通りに人を変えようと支配する。

他人と比べては羨ましがり文句を言う。過去に囚われやすいため、過去の悲しいできごとを思い出しては、かわいそうな私と感傷に浸り、愚痴や暗い話題になりがち。話が重いので、まわりに友達がいない。

 

感情的になる部分は共通しているので、喧嘩がはじまると激しくなるが

性格は正反対。ふたりがよく結婚したなぁと子どもながらに思った。

 

私が保育園児の時に、父の転勤で地方に住むことになった。

父は気が若く、実際学生結婚をしたので若くして結婚したと思うが、24歳なのでとびきり若いわけでもなく、当時にしては平均だとは思うが、見た目やファッションに気をつかうので、所帯を持っている雰囲気はなく父親というよりお兄さんに見えることから

父兄参加日でも目立つ存在であった。

「お前の父ちゃんかっこいいなぁ」とクラスの友達に褒められて

うれしかったことを覚えている。

クラスメイトのお父さんよりとびぬけて若くみえる。

反対にクラスメイトの父親は落ち着いた雰囲気があり、どこからみても所帯持ちの雰囲気があり、子煩悩なお父さんだった。

 

ある日、子供会のイベントがあり、ゆでたまごで絵を描くイベントに参加した。

母親は家で弟たちと留守番。小学生のわたしだけが参加した。

殻に食紅でペイントするのだけど、おそらくイベントの内容から考えてイースターエッグだったのだろうか?覚えていない。

カラフルなゆでたまごを見たことなく、かわいく仕上がったことにテンションがあがり、当時あまりおもちゃを持っていなかった私には、宝物が増えた気持ちになり、割れないように大事に持っていた。

 

エッグペイントのイベントが終わり、子どもや保護者(お母さん)はどんどん帰っていく。主催者も後片付けをしてどんどん帰っていく。

集会所の奥で大人たちが宴会をしていて、その中に父もいた。

父と一緒に帰ろうと思い、ひとりでたまごを握りしめながら待っていた。

 

続く

皿飛ぶ家。激しい夫婦喧嘩

父と母はよく言い争いの喧嘩をしていました。

喧嘩の度が過ぎると、食器を投げたりするので、食器の割れる音は日常茶飯事になり、時には窓が割れることもありました。

一番びっくりしたのはテレビの画面が割れた時。

子どもながらに、テレビは放送局と繋がっていると思っていたので

画面が割れたときは、部品がむき出しになって、ただの電化製品であることを目の当たりにして驚いたことがあります。

ただ、窓やテレビは高価なので懲りたのか1度きりで、もっぱらグラスや皿が家の中で飛んでいました。

 

子どもなので喧嘩の原因はわかりませんが、物心がついた時から夫婦仲が悪く、喧嘩が絶えないので、神経が磨り減るばかり。

接触を避けるため、父は平日は遅く帰ってきて、休みの日はよくパチンコに行ったり、社会人野球にいって家にいないことが多かったです。

 

そんなとある日。珍しく家で新聞を読んでいた父。

私は嬉しくて遊んで欲しくて父にじゃれます。

父は新聞に集中していて、今は新聞から邪魔されたくないという状況だったのだと思います。

私を払いのける(背中を押す)と、大人の力なので思いのほか突き放す力が強く、私は押された反動で自分の力では踏ん張ることができず、コントロールを失い、そのまま窓のノブに顔面ごと突っ込んでしまいました。

その日は日曜日で、父が慌てて休日診療所まで私を連れて行き、3本ほど縫う手術をしました。

父は私に謝ってくれました。私も故意ではなく事故だったとわかっています。

父に悪気があったわけではないのですが、ちょっと押しただけで、あの怪力。

身長が180cm以上あり、体が大きかったせいもあり、力が強い=怖い と思うようになり、その日以降を境に、わたしは父に無邪気にじゃれることができなくなったのでした。

幼心に父への恐怖心が芽生えた、4歳の頃の出来事でした。

 

話しは戻ります。

相変わらず激しい夫婦喧嘩が夜な夜な行われ、そのたびに、助けにいかなきゃと思って布団から出て、止めにいこうと思うのですが、過去の父への恐怖心から怖くて二人を止めることができませんでした。部屋の隅、ドア付近で泣きながら、ただ、終わるのを待つだけでした。無力でした。

 

母が余計なことを言い、父が暴力を振るう。(幼いながらそのように見えました)

母は力で勝てないから食器を投げつけたる。

ヒステリックな声を出して近所に聞こえるように喧嘩する。

そのうち、親に向こうに行ってなさい。早く寝なさいと言われ、

そのうち、布団の中で喧嘩が終わるのを泣いて神様に祈る。そんな毎日でした。

声が大きいのでおちおち寝てられません。

お母さんが死んだらどうしよう。そんな不安な夜を何度過ごしたことでしょう。

でも男と女の違いなのかもしれませんが、弟はその激しい喧嘩の中でもスヤスヤと寝ています。

不安と恐怖を誰とも共有できず、当時大好きだったぬいぐるみを抱きしめて、夜になると泣きながら、「早くこの喧嘩が鎮まりますように。お父さんとお母さんが仲良くなりますように」と祈りの届かない神に藁をもすがる思いで祈り、布団の中で泣きながら二人の喧嘩がおさまるのを待っていました。ようやく静かになって、安心して眠りにつく生活を送っていたので、朝になると睡眠不足で起きれません。

 

…つづく

 

当時を振り返り。

なぜ当時は体を張って止めなかったのだろうかと後悔ばかりします。

私が止めに入ったら夫婦喧嘩は止めれたのではないか?と自問自答しています。

勇気がないばかりに大人になっても勇気がないままです。

親の喧嘩を体を張って止めた友達のエピソードを聞くと、勇敢だなと思うと同時に

私にはなぜできなかったのだろうかと、心を痛めています。

 

#家庭内暴力 #DV #家の中で皿が飛ぶ 

#ヒステリックな母 #イライラママ  #ガミガミママ

#毒親  #毒親育ち

#団塊世代の親 #氷河期世代 #7040問題

#昼夜逆転 #アダルトチルドレン #機能不全家族 #親ガチャ 

 

生まれた順番によって性格は形成される

わたしは長子、年子の弟がいます。さらに4歳下の弟がいます。

年子の弟は弟が生まれるまで親の愛を一心で育ち、泣き虫で甘えん坊でした。

ところが4歳下の弟が生まれると、当然のことながら親の感心は赤子へと変わります。

どうしても手がかかるのでしょうがないことです。

ところが年子の弟は幼いこともあり、今までは親からの愛情があたり前にあったものが

ある日突然、弟が誕生したことによって弟にシフトしたことが理解できません。許せません。

泣き虫で甘えん坊だった弟は生まれたばかりの赤ちゃんに嫉妬し、泣かせたり、いじわるをしだします。

泣き虫だった男の子は手の付けられないやんちゃな男の子へと変貌していきます。

親の関心をまた取り戻したい一心なのでしょう。

このように生まれてくる順番や立場によって、性格が変わるのだなぁと

幼心に思ったものです。

 

わたしは物心がついた時にはすでに親の愛の対象は弟でした。

心細い思いをしていたのですが、年子の弟もついにこっち側の世界に来たなぁと思ったものです。

(当然のことながら私にも向けられているのですが、優先順位は手のかかる順なのでしょうがないことなのです。大人になればわかることですが子どもには伝わりくいものでした。)

甘えたり、手を煩わせることをすると怒られるので、いつもビクビクしていたように思います。

手を滑らして物を落としたたり、食べ物をこぼしたり、外出先でトイレに行きたくなったり、わざとではないのですが、子どもなので不注意があります。

「この子はいつも親の手を煩わせる」と怒られてばかりいました。

 

 

つづく

生まれた順番によって性格は形成される

わたしは長子、年子の弟がいます。さらに4歳下の弟がいます。

年子の弟は弟が生まれるまで親の愛を一心で育ち、泣き虫で甘えん坊でした。

ところが4歳下の弟が生まれると、当然のことながら親の感心は赤子へと変わります。

どうしても手がかかるのでしょうがないことです。

ところが年子の弟は幼いこともあり、今までは親からの愛情が弟にシフトしたことが理解できません。

泣き虫で甘えん坊だった弟は生まれたばかりの赤ちゃんに嫉妬し、いじわるをしだします。

親の関心をまた取り戻したい一心なのでしょう。

このように生まれてくる順番や立場によって、性格が変わるのだなぁと

幼心に思ったものです。

 

わたしは物心がついた時にはすでに親の愛の対象は弟であり、心細い思いをしていた私は年子の弟もついにわたし側に来たなぁと思ったものです。

(当然のことながら私にも向けられているのですが、優先順位は手のかかる順なのでしょうがないことなのですが子どもには伝わりくいものでした。)

甘えたり、手を煩わせることをすると怒られるので、いつもビクビクしていたように思います。

手を滑らして物を落としたたり、食べ物をこぼしたり、外出先でトイレに行きたくなったり、わざとではないのですが、子どもなので不注意があります。

親の手を煩わせると怒られてばかりいました。

 

 

つづく

年長女子の典型的な特徴、まさに…

生まれたばかりの年子の弟(赤ん坊)の世話で手いっぱいで余裕がない母親もまた若いうちに結婚したため、まだまだ未熟な部分も多いひとりの人間。

姉という立場上、自分の子どもらしさを封印し、お手伝いや弟の面倒をみることで、母親の期待に応えることで愛されようとしてた。

ありのままの自分では愛されないという自己否定、満たされなかった幼心、依存心はくすぶり続け、頑張れど振り向いてもらえないわだかまり

そんな姉から見ると弟は何もしないではかわいがられているように見える。

お手伝いをするわけでもなく

顔色をうかがって行動するでもなく

我慢するわけでもなく

天真爛漫な姿に幼心ながら羨ましく思ったり。

 

「お姉ちゃんなんだから」

「お姉ちゃんでしょ」

「もうお姉ちゃんなのに」

我慢を強いられると、生まれた順番がただ単に先だっただけで、たった1年でこんなに扱いが変わるなら、自分が選べるなら、絶対下がいいと何度思ったことか。

 

それがやがて人間形成するうえで、真面目すぎて、頑張りすぎて、弱音を吐けない、甘え下手で、自分の気持ちがわからない、本心をうまく表現できない性格になっていくのです。

 

つづく

 

 

生い立ち

「三つ子の魂百まで」

3歳頃までに人格や性格は形成され、100歳までそれは変わらない。という意味のことわざです。
物心がつく頃合い、乳幼児期に人格形成の基本が出来上がることを意味します。

これは生まれた順番に大きく影響します。

 

私は長女として生まれました。

年子の兄弟がおり、さらにその下にも幼い兄弟がいました。

物心がつく前には…

物心がついた頃には…

自分は親の一番の存在ではないことに寂しさを感じつつ、年長ということもあり甘えたり、わがままを言うことは許されずに厳しく育ちました。

一方で自分の思う振るままのびのび育つ弟にうらやましく思いながら

モヤモヤとした気持ち、愛されてないと感じるさみしさや時には弟にやきもちを妬いていました。

 

赤ちゃんが泣いたり、幼い子が泣くのが仕事ですが

「お姉ちゃんなんだから泣いてはいけない」

「お姉ちゃんなのだから我慢しなさい」

「また泣く」(めったと泣かないけど…)

「いつまで泣くの」(今泣いたところだけど…)

早くから赤ちゃん、幼児であることから卒業させられます。

「弟は小さいんだからしょうがないでしょ?」と弟には評価が甘く、

弟と同じことをしても怒られるのはいつも姉である私、

弟が悪さをしてもお姉ちゃんのマネをしたと

非がないところでも怒られ連帯責任を取らされたり。

あれ?去年は「弟はまだ小さいんだから。お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」と言っていたけど、

「とうに1年経ったけど同じことをしてもまだ弟は許されるんだ、怒られないんだ…」

子供ながらに理不尽さに気づき、親の言動の矛盾を感じながら育ちました。

 

兄弟姉妹というのは両親の愛情の差をこれでもかというくらい見せつけられ、差別を感じやすい存在です。

褒められたい。愛されたいと思い、

親の期待に応えようと無理して、兄弟姉妹の面倒を見るなど自己犠牲を背負ったり、頑張ってました。

良い子を求められ育ちましたが、これ以上怒られたくない、惨めな思いをしたくない気持ちから従順な子どもへと成長していきますが、残念なことに良い子でいても褒められることはなく、なにをしても怒られて、叱られて育ち、物心がついた時にはすでに自己肯定感の低い人間で、常に親に怒られて叱られて育ちましたので親の顔色を伺う子どもになり、大人の顔色に敏感になりました。

 

子どもらしい行動をとれば

怒られ、非難されるので

そのため弱音を吐けない性格になり

本心を言えない、

自分の思っていること考えていることを言っていいのかな?いけない?今言っても大丈夫?と自由な発言ができずに育ち、

やがて自分の感情をうまく表現できない性格へとなっていきます。

 

親は長女に対して過干渉になりがちです。

やりたいことを禁じたり、親がいいと思うものを子どもがしたがらないのに、欲しがらないのに強制しがちです。

過干渉で育てられた私は自分の願いより親やまわりの望みを叶えるクセがつき、成人しても

「自分のやりたいこと、欲しいことがわからない」

「自分を出せない」性格へとなっていきます。

 

よくある多兄弟の長女気質そのままといったところでしょうか?

 

続く